シャドウバース制覇で1億円手にした男【eスポーツ界を席巻】

シャドウバース制覇で1億円手にした男

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191102-00000005-mynavin-life

近年、世界中で流行し始めたエレクトロニック・スポーツこと「eスポーツ」。

スポーツベッティングでもベッティング対象となっているeスポーツだが、今日本国内で一人のeスポーツプレーヤーが注目されている。

それは、一昨年のeスポーツ世界大会「シャドウバース:ワールドグランプリ2018」でチャンピオンとなり、一つのコンペティションにおいて獲得する額としては日本人最高の賞金1億円を手にした「ふぇぐ」だ。

2018年5月からプロeスポーツチーム「よしもとLibalent」に所属するふぇぐは、プロリーグ「RAGE シャドウバース・プロ・リーグ」にエントリー。

加入初年度の18~19年度はチームとして成績が伸びなかったが、19~20年シーズンはリーグ日本一決定戦「リーグチャンピオンシップ」に参戦するほどの凄腕プレイヤーとなった。

そんなふぇぐは、「RAGE シャドウバース・プロ・リーグ」の規定により月30万円を固定給で得る上、コンペティションの賞金、リーグ戦績の配当、ネット配信番組のギャランティーを含めて年間700万円ほどの収入を確保しているとあって、日本国内のeスポーツプレーヤーを目指す若者にとっての大きな希望となっている。

当然有力なeスポーツプレーヤーが誕生することで、スポーツベッティング界もさらに盛り上がることだろう。

ふぇぐは昨年、「僕を見てeスポーツプレーヤーになったと言われること」を豊富にしていたが、2020年は「伝説になることです」と高みを目指す。今後もeスポーツ、スポーツベッティング界で目が離せないプレイヤーだ。

ふぇぐとは?
1994年5月27日、東京生まれ。25歳。eスポーツチーム「よしもとLibalent」に所属。「Shadowverse」の競技歴は約4年。主な戦績は「ファミ通CUP 2017」「JCG WGP予選 2018」優勝。「Shadowverse:World Grand Prix 2018」チャンピオンとして1億円獲得。