野球ベッティングにはどんな種類がある?

ブックメーカー初心者におすすめの野球ベッティング

日本人にとって野球は馴染み深いスポーツであるため、基本的なルールを知っている人も多いでしょう。
スポーツベッティングで勝つためには競技ならではのルールを理解し、ポイントを押さえて予測することが大切です。

その点テレビやスタジアムで一度は試合を見たことがある野球なら、日本人ならすぐにルールは理解できるでしょう。

日本のプロ野球を対象にしたベッティングならスポーツ新聞などで簡単に情報を入手できますし、アメリカのメジャーリーグに関する情報も日本人選手が増えたことから、日本語サイトも増加していて困ることはありません。
ルールを理解し日本語での情報収集も簡単なので、日本人がブックメーカーを始めるなら野球ベッティングはおすすめです。

様々な種類があるブックメーカーの野球ベッティング

ブックメーカーの野球ベッティングでは、賭け方は一つだけではありません。

特徴の異なる賭け方が複数存在し、それぞれで難易度や予測するときのポイントは変わってきます。
ブックメーカーで予測をするときには、それぞれの賭け方のルールと特徴をまずは理解しましょう。

ルールや特徴を理解せずに始めてしまうと勝てる確率も低くなり、赤字になってしまいます。

ブックメーカーで勝利し利益を得るためには、基本中の基本です。

ルールと特徴を理解したら、状況に応じて複数の賭け方を使い分けるのがおすすめです。

予測の自信度や的中したときの配当などを考慮しつつ賭ければ、利益を最大化することができます。

また複数の賭け方があることにより、野球ベッティングに飽きてしまう可能性も低くなります。

毎回同じ賭け方ばかりだと、マンネリ化して次第につまらなくなっていくでしょう。

ですが状況や気分に応じて賭け方の種類を変えることにより、ブックメーカーの刺激を増すことができます。

利益を追求する人にとっても楽しみながら賭ける人にとっても、賭け方の種類が豊富なことには多くのメリットがあります。

野球ベッティングの基本となる勝敗予想

マネーラインとも呼ばれる勝敗予想は、ブックメーカーでは基本の賭け方です。

ルールは対象となった試合の勝者を予測する賭け方で、引き分けのないメジャーリーグでは勝ちか負けの2種類から選ぶことになります。

基本的には2択なので、ブックメーカーの初心者にも始めやすい賭け方と言えるでしょう。

勝敗予想で重要なるのは、先発ピッチャーです。

野球は先発するピッチャーによって勝負が決まると言われるほど重要なので、両チームの比較をするときの第一ポイントです。

アメリカのメジャーリーグでは先発ピッチャーは事前に公表されているので、ローテーションから予測する必要はありません。

この点は日本のプロ野球よりも楽なので、現地からの報道を調べてから予測しましょう。

野球は点を取らないと勝てないスポーツですから、バッターの能力も重要です。

出塁率や長打力など様々な指標を参考に、相手の先発ピッチャーを打ち崩せるか考える必要があります。

勝敗予想は野球ベッティングにおいて基本中の基本なので、これらのポイントを押さえながら精度の高い予測をしましょう。

勝敗予想より少し難しい賭け方

基本である勝敗予想より高い価値があるのは、ランラインです。

通常の勝敗予想は単純な試合結果だけで的中・不的中が決まりますが、この賭け方ではブックメーカーが発表するハンデを考慮しなければいけません。

実際に行われた野球の試合結果にハンデを足した点数で的中・不的中を考える必要があるので、勝敗予想より難しくなっています。

この賭け方があることによって、上位のチームと下位のチームが対戦したときにもエキサイティングになります。
例えば優勝争いをしているチームと最下位に低迷しているチームの対戦では、情チームが勝つ可能性が高くなるでしょう。

これではブックメーカーのオッズも低く、予測するモチベーションも保てません。

しかし上位チームにハンデが付けられることにより、戦力差を埋めることができます。

ハンデを考えてい予測するのは慣れていないと難しいですから、ある程度経験を積んでから挑戦してみると良いでしょう。

両チームの合計得点がポイントになる賭け方

野球のトータルベッティングは、両チームの合計得点がブックメーカーが指定した数より上回るか予測する賭け方です。

勝敗予想と同じく2択ですが、合計得点を予測するのは難しいのでこれも上級者向きと言えるでしょう。
一般的に投手力が弱いチーム同士、もしくは攻撃力が高いチーム同士だと乱打戦になり両軍とも点数が入りますから、指定の数を上回る確率は高いす。

しかしブックメーカーが発表する数値は上下しますから、乱団戦になると事前に予測される場合は数値も高くなります。

両チームの投手力と攻撃力に加えて、守備力や走力さらにはスタジアムの広さまで考えることが、的中へのポイントになるでしょう。